年末詣・初詣

 年末詣のおすすめ

当社では、古来より新春準備の整った清らかな気の時期に、1年間の感謝を込めて、家族揃って参拝する「年末詣」が盛んに行われています。

 混雑してゆっくり参拝できない初詣よりも、年末に今年のお礼(感謝)と来年の抱負をお伝えし、松の内が明けて初詣の参拝者が落ち着いた頃に、改めて今年の抱負をお伝えに参拝に行くというのもおすすめです。 
 感染拡大防止の観点からも、密を避けて年末(12月25日〜31日)にゆっくりとお参りし、幸先の良い新年をお迎え下さい。



 初詣は来し方を感謝し、行く末の無事繁栄を祈願する我々日本人の習慣として祖先より受け継いだ敬虔な心情のあらわれで、まことに清らかな美風です。

 
・除夜祭 大晦日
   この1年無事に過ごせたことを感謝すると共に、心身を清め、新しい気持ちで、新年を迎えるためのお祭り。(1年を締めくくるお祭り)

・歳旦祭 元日
   1年の始めにあたって、新年を祝い、天下泰平、五穀豊穣、万民豊楽を祈願するお祭り。(年始を祝うお祭り)

・元日午前0時より一般の初祈祷
   参拝者の皆様のご多幸をご祈念申し上げ、各種ご祈願を随時受付け致しております。
   

・毎年正月3ヶ日は、甘酒・御神酒を振る舞っていますが、
コロナ禍の為、令和三年正月に関しては中止とさせて頂きます。
   
・境内特設テント内で、ご神矢、各種御守、縁起物(干支土鈴・置絵馬)、御神酒瓶等の授与をしております。
 
感染症対策(ビニールでの仕切、手指の消毒、マスク着用)を行っています。

・露店については、販売はしておりますが、境内での飲食はお控えください。お持ち帰りをお願いしています。


年末詣や初詣について

 年末年始に向けて、当社では密になることが予想されます。様々な感染防止策を取りながら、皆さまが安心してお参りできる環境を作っておりますので、以下の注意点にご協力をお願い申し上げます。

 @参拝の際は、境内では必ずマスクを着用しましょう。
 A人と人との距離を充分保ちながら、お参りしましょう。
 B人との距離がとれない場合は、会話をできるだけ控え、静かにお参りしましょう。
 C空いている時間帯や時期をずらしてお参りしましょう。
 D御神札や御守等は、混雑を避け、授与所の空いている時にお受けましょう。
 E祈祷は、できるだけ電話による事前の受け付けでお参りしましょう。
 F各所に消毒液を設置しておりますので、適宜利用しましょう。


  皆様のご参拝を心よりお待ち申し上げております。


※注意事項

 1月1日〜1月3日までの間、警備員、掲示看板に従って気をつけてお参り下さい。





戻る